光明学園相模原高等学校付属 光明幼稚園
SPメニュー
トップ
未就園児の皆様へ
アクセス

園のこと

光明学園について

園長 大塚幸一

光明学園は、「自ら光輝き、社会を明るく照らす光明の人を育てる学園」です。

現代風に言いますと、自己実現、奉仕の心、感謝の心、けっしてあきらめない ということです。幼稚園ではこれを教育目標とし、人格形成の基礎としています。幼稚園教育の基本は、人格形成の基礎を培うことです。生涯における土台になる重要な時期です。この時期にお子さんを預かるわけですから、全教職員、全力で指導していきたいと思います。また、園とご家庭で、コミュニケーションをとることにより、より良い教育ができます。家庭での様子や園からの情報発信など連携していきたいと思います。

光明幼稚園の教育

人格形成上で大切なこの時期に調和のとれた幼児の心身の成長を願い、遊びの中から様々なことを学ぶ教育をします。

年長2、年中2、年少3クラスの適正規模の為、行事の多くは、学年合同で活動します。朝は、登園順に園庭、保育室での自由遊びをして、年長、年中、年少が合同で活動することから、年少児への思いやりや年長児を見習う心が自然に育ちます。昼食後の自由遊びや降園時バスを待つ間もクラスや年齢の枠を超えて大勢のお友達との交流が図れるようになっています。このように、縦割り保育で人間関係の多様化をさらに深めます。

光明幼稚園の教育

教育目標

・思いやりの心、感謝する心、すべてのものを愛する心を持った子どもに育てる。 ・体験や遊びを通して、社会性を持った子どもに育てる。 ・国際化社会の中で、個性を尊重し、豊かな創造力を持った子どもに育てる。

特長ある活動

チャレンジレコード

チャレンジレコード

チャレンジコードとは、園児が様々な項目に挑戦し成長していく取り組みです。 園児は40以上の項目から好きなものを選び、月1回の認定試験を受けることができます。認定された項目はチャレンジカードにマークしていきます。 子どもは遊びの中で成長します。遊びの中で相手をいたわる気持ちや自分の価値などを学んでいきます。チャレンジコードの項目には運動関係、暗記、計算など様々なものを用意しています。園児は選んだ項目を練習して認定試験にのぞみます。 【例:チャレンジ項目】 鉄棒(前回り)鉄棒(逆上がり)、ドリブル、柔軟、ブリッジ、ハンガーホールド、うんてい、なわとび、高速なわとび、片足バランス、けんけん、うしろけんけん、前転後転、キョンシージャンプ、二点倒立、三点倒立、側転、フリーキック、箸使い、ひらがな読み書き、カタカナ読み書き、アルファベット読み書き、漢字6級〜漢字王、暗唱6級〜暗唱王、漢詩暗唱6級〜漢詩暗唱王、暗算、音読、国旗、国名、動物名、皆勤王

体育教育

体育教育

毎週金曜日は園児達が楽しみにしている「ヒダスポーツクラブ」の飛田先生による体育指導の日です。クラスごとに担任も一緒になって元気いっぱい体を動かします。

英語教育・国際社会

英語教育・国際社会

外国人の先生と一緒に楽しく遊びながら英語を学んでいきます。保護者の方向け「英語サークル(無料)」もあります。初心者大歓迎です。

和太鼓

和太鼓

和太鼓専門の先生といっしょに楽しくたたいています。リズム感、集中力、協調性、体力と様々な能力を成長させる活動として和太鼓に取り組んでいます。運動会や光明祭で発表します。

SPメニュー
ページの先頭へ